ボルダリングに初めて挑戦する方へ

ボルダリングに初めて挑戦するという方は、トレーニングやダイエットやストレス発散など目的は様々だと思いますが、みんなが気持ちよくできるよう、きちんとマナーを守るようにしましょう。 「守るように」と言われても、知らなければ意味がありません。
そこで、ボルダリングのマナーについて紹介しますので、押さえておきましょう。

ボルダリングのマナーとは

登り始める前に

登り始める前に、自分が登るルートの近くに人がいないか確認するようにしましょう。 ぶつかってしまうことで、お互いバランスを崩して転倒し、怪我をしてしまいかねませんので注意するようにしてください。先にトライしている方の邪魔になることでトラブルに発展してしまうことも考えられますので、ルートが重なる場合には、登り終るのを待ってから登るようにしてください。

登っている人の下に入らない

登っている人がいる場合は、真下にいないようにしましょう。 登っている人は、いつ手や足を滑らせて落ちてくるかわかりません。お互いに怪我をする可能性がありますので、絶対に登っている人の下には入らず、安全な場所で待機するようにしてください。

順番を守る

できるだけ上手く登れるよう、同じ壁で練習に集中したい気持ちも分かりますが、それはいけません。 常に周りを見るようにし、登りたそうな方がいる場合は優しく声を掛けて譲るようにしましょう。みんなで思いやりや譲り合いの気持ちを持つことで、居心地もよくなり、楽しみながら登ることができるでしょう。

着地をする時には

着地をする時には、必ず足から行うようにしてください。膝の屈伸を使って衝撃を緩和するように着地しましょう。また壁の上部から直接マットに飛び降りないようにしてください。衝撃が大きく危険ということもありますが、マットの傷みの原因にも繋がります。